スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付属池田小「すべての命を大切に」 殺傷事件9年、安全誓い式典(産経新聞)

 児童8人が犠牲になった平成13年の大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の児童殺傷事件から丸9年を迎えた8日、同校で追悼式典「祈りと誓いの集い」が開かれた。遺族や在校生、教員ら約1300人が出席し、犠牲者の冥福(めいふく)を改めて祈るとともに安全な学校づくりの継続を誓った。

 ■国際的認証取得後で初の開催

 8人の名前を刻んだ「祈りと誓いの塔」につるされた鐘を男女計3人の児童が鳴らし、午前9時に開式。遺族や在校生、教職員、保護者らが参加し、全員で黙●(=示へんに寿の旧字体)(もくとう)をささげた。

 藤田大輔校長は「塔に込められた願いを受け止め、人とのつながりや身近な人たちの安全をともに考え、守っていく人間に育ってほしい」と呼びかけた。

 続いて6年生の児童代表が「私たちは自分の命、人の命、すべての命を大切にできる人になります」と誓いの言葉を朗読。各学年の代表が献花した。

 また式典では、事件当時も同校に勤務していた佐々木靖副校長が、全国から訪れる見学者からの質問について紹介し、「かつては防犯カメラの設置予算などについての質問をよく受けた。最近は、どんな教育をしているかを聞かれるようになってきた」と語り、安全確保には、人の関わりが大切だと強調。

 当時、小学2年だった女児を失った母親は「ハードだけでなく、ソフトや教育が重要というあいさつは心に響いた。これから先も、どこにいても気持ちも居場所もずっと遺族のままなんだという思いは変わらないが、事件から9年が経ち、学校側とも互いに通じ合うようになってきた」と話した。

 同校は今年3月、安全を持続するための教育や環境が整った学校に与えられる国際的な認証「インターナショナル・セーフ・スクール(ISS)」を日本で初めて取得した。

 ISSは世界保健機関(WHO)の審査をクリアして3年ごとに更新する必要があり、今後も教職員や保護者、地域住民が安全な環境づくりを継続していく。

 また、校舎は16年に改築しており、校舎と体育館には死角をなくすために大型のガラスを多用。監視カメラや警報器を内外に設置している。

【関連記事】
付属池田小が日本初「安全な学校」国際認証取得 殺傷遺族も期待
池田小、橋下知事「子供の安全に保護者行動を」
「日本に衝撃」海外メディアも詳報 秋葉原通り魔事件
7年前のこの日には池田小事件 多発する通り魔殺人事件
【法廷ライブ】論告求刑公判 秋田連続児童殺害事件【全詳報】
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「ゆうメール」先に商標登録=DM業者が使用中止求める―東京地裁(時事通信)
ダイエー創業者中内氏の次男、相続税約2・8億円脱税容疑で逮捕(産経新聞)
振り込め対策で高齢者優先ATM=警視庁副総監が視察―東京・浅草(時事通信)
「安全意識薄い」と最終報告=島根原発点検漏れで中国電社長―経産副大臣に陳謝(時事通信)
日本人ら死亡の射撃場火災、経営者らに実刑判決(読売新聞)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。